社会保険の基礎: 健康保険、厚生年金保険、雇用保険とは?

最新記事
新入社員として都市圏で働くあなたにとって、福利厚生制度は知ってる人が得する重要なポイントです。本記事では、社会保険制度の中でも代表的な健康保険、厚生年金保険、雇用保険についてわかりやすく解説します。
それぞれの基本的な仕組みやメリットについて理解を深めましょう。

社会保険とは

社会保険とは、国や自治体が提供する保険制度の総称です。その中でも、新入社員にとって重要なのは「健康保険」「厚生年金保険」「雇用保険」の3つです。これらの保険に加入することで、あなたは様々なリスクや困難に備えることができます。

社会保険に加入することで、次のメリットがあります。

  • 医療費の負担が軽減される
  • 年金がもらえる
  • 失業したときに、給付金を受け取ることができる
  • 仕事中に事故や疾病に遭ったときに、給付金を受け取ることができる
  • 要介護状態となったときに、介護サービス費の一部を受け取ることができる

健康保険

健康保険は、病気や怪我などによる医療費を補償する制度です。社会保険料として給与から一定の割合が天引きされ、健康保険に加入します。加入することで、診療費の一部を自己負担するだけで済み、経済的な負担を軽減することができます。また、予防接種や定期健康診断も健康保険でカバーされます。

健康保険は、企業と従業員が折半して保険料を支払います。 保険料の金額は、所得や家族構成によって異なります。

加入手続き:勤務先の健康保険組合

厚生年金保険

厚生年金保険は、将来の老齢や障害、遺族などに対する給付を保証する制度です。社会保険料として給与から一定の割合が天引きされ、厚生年金保険に加入します。厚生年金保険に加入することで、将来の年金を受け取る権利を得ることができます。また、万が一に備えて障害給付や遺族年金も受け取ることができます。

厚生年金保険は、企業と従業員が折半して保険料を支払います。 保険料の金額は、所得によって異なります。

加入手続き:勤務先の厚生年金保険組合

雇用保険

雇用保険は、雇用に関するリスクに備える制度です。失業や労働災害などの場合に、一時的な所得補償を受けることができます。雇用保険料も給与から天引きされ、雇用保険に加入します。雇用保険に加入することで、失業時の生活費を一定期間受け取ることができます。また、労働災害による補償や再就職支援も受けることができます。

雇用保険は、企業が保険料を支払います。 保険料の金額は、従業員の人数や平均賃金によって異なります。

加入手続き:勤務先のハローワーク

まとめ

以上が健康保険、厚生年金保険、雇用保険の基本的な解説です。これらの社会保険に加入することで、病気や怪我、老齢や失業などのリスクに備えることができます。

新入社員として、社会保険制度の理解は重要です。

自身や家族の安心を守るために、社会保険についてより詳しく学んでいきましょう。

【参考文献】